Eye in the Sky

http://www.imdb.com/title/tt2057392/?ref_=nv_sr_1

ヘレンミレンですから楽しみにしていたのだが映画館には行きそびれてしまった。冒頭のシーンから、あーこれは多分、という察しがつくまま、どんどんと組織内の戦いへと内容が進行していく。上手い展開である。大変良かったのは、どの登場人物も、立ち位置の違いを表明する軸にして描いており、正解者を誰か選んで押しつけてはこないことである。組織内の軋轢を描いていこうという意図が巧かった。どこかの非日常戦火のことでなく、観客のこととして、人であれば誰でも身につまされることだろと突きつけてくるのである。あとはもう役者さんのうまさ。アラン・リックマンの遺作だと知らされてみている次第。
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク