Sarah’s Key サラの鍵

http://www.imdb.com/title/tt1668200/?ref_=nv_sr_1

原作も少し読んで観た映画。ベストお気に入りにはならないのだが、見応えがある映画。二回め鑑賞。なぜベストにならないかというと、なぜだか現代のシーンについて、作り手が乗ってない感じがする。登場人物らに迫力がなく薄い、ゆえに行動がいちいち腑に落ちない。クリスティンスコットトーマスは大好きなのだが、この現場はやりにくかったのだろうか。とくに最後のほうの息子のあたりからラストにかけて、まったくもって不思議と良くない。反して、過去のシークエンスはとても素晴らしい、怖さと後悔と立ち直れない悲しさが良く出ていて、作り手の熱がこちらにはある、ような映画。
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク