Definitely, Maybe (ラブ・ダイアリーズ)

http://www.imdb.com/title/tt0832266/?ref_=fn_al_tt_1

これは10月のソルトレイクシティのホテルで、深夜放送で見た映画。
いやーこの10月のアメリカ旅行では実にたくさんの映画を見ましたな。

切なくて、いい映画だった。すごくNYにありそうな、NYに似合う話。

スカーレット・ヨハンソンの夫ライアン・レイノルズを私は初めて見たんだけど、、良い役者じゃん!なーんか不思議と目が離せない魅力がある。

ある日、子供が生まれる仕組みを学校で習った小学生の娘。その夜、娘に自分の母親についての話をせがまれるパパ。この家は離婚したシングルファザーの家庭なのです。パパは娘に夜通し、大学から卒業後の自分のキャリアとともに、複数のガールフレンドとのラブストーリーを聞かせます。そう、パパの青春の物語です。この話のうち誰が彼女の母親となるガールなのか、娘は当てようとします。そして、この話が終わったとき、パパは自分の本当の気持に気付くのです。。。

という流れ。いろんな女性が、彼に惹かれるのがわかる、とても青春!というかわいらしさに溢れていました。社会人としてキャリアが確立する前の期間に独特な、すれ違いがちな恋愛の微妙なビターさを、絶妙に表現していると思います。

最後の展開には、大人としての落ち着きがあって、NYの寒さがまたロマンを醸していて、なかなか、夜ひとりで観るのにはちょうどいい佳作でした。

スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク