武士の一分

小品だな。良かった。

だいたい藤沢周平は、女性コンプレックスというか女性蔑視な雰囲気があって読んでて気分がムカ悪いことが多く、大嫌いで、この映画も興味なかったんだけど、山田監督だからそこはうまく調理しているだろうと、ちょっと覗き見。

なかなかどうして木村拓哉が上手い、というか、彼は性格俳優なのだな、意外にも。アイドルというブランドがなかったら、桃井かおり的性格俳優でいけたかもな。ジャニーズブランド分損している、かわいそうに。押し殺した演技、実に良い。表情も声も間もいい。山田監督が使ってみたかった理由がわかったというもの。なんだか彼は直球勝負しづらいんだな、それが画面に出ちゃう。この素材を花開かせるには、性格俳優から、西田敏行的オールマイティ俳優へどう脱皮できるか、というところだろうか。それが出来たら、誰も文句言わなくなるだろう。

ともかく、エピソードが少ないので、主役が大切な作品。その他にも、
サヨとトクヘイとの小さな幸せがとても良く伝わってきた。この映画の成功の脇の立役者はトクヘイ役の笹野さんだな。観客は笹野さんなのである。日本のショービジネスの商業主義を抜きにすれば、日本酒の進む、佳作である。

スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク